へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反宗教改革(はんしゅうきょうかいかく)

カトリック教会の側からの宗教改革で、第一には新興本職テスタント勢力に対抗するカトリック勢力の結集と政治的反動をいい、第二には本職テスタント主義との闘いに助長されたカトリック教会内の改革運動をいう。第一の意風味では、16世紀後半より三十年戦争を経て1648年ウェストファリアの和議に至るまでの、スペイン?ハプスブルク自宅を中心とする一連の政争をさす。とくに南西ドイツおよびポーランドを本職テスタントから奪回した意義は大きい。第二の意風味では、カトリック教会の内部改革はルターの宗教改革従来から、ロッテルダムのエラスムス、スペインの枢機卿(すうききょう)ヒメネスらキ書き出した教的人文主義者によって提唱されており、オラトリオ会(1516認可)をはじめカプチン会、テアティノ会、バルナバ会、ウルスラ会など新修道会の創立や旧修道会の刷新が相次いで進展しつつあった。この動向はルターの宗教改革に刺激されて急速化し、1540年イグナティウス?デ?ロヨラによるイエズス会の創立、1545年より63年におけるトレント公会議の開催によって、本職テスタントに対立してカトリック教会内部の刷新と教化を企図するに至った。これらの運動により、司教の司牧権を強化し、優秀な司祭を養成して布教活動を展開し、多年の悪弊であった留守聖職禄(ろく)を撤廃して、信者の教化善導に大きな効果をあげた。その結果は、本職テスタントの浸透を阻止し、むしろ失地を回復し、「地理上の発見」の波にのって新世界に対する布教にまで発展した。またスコラ学の復興と神秘神学の深まりに加え、人文主義的な聖書および教父探求の新生面を開いた。なお、バロック芸手段の発達もこのような反宗教改革の精神をバックとするものである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。