へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーゼル公会議(ばーぜるこうかいぎ)

カトリック教会の第17回公会議。教皇マルティヌス5世(在位1417~31)により招集され、次のエウゲニウス4世(在位1431~47)のとき、1431年にスイスのパブゼルBaselで開会した。教会改革異常などが議題となったが、コンスタンツ公会議以来強化されてきたコンキリアリスム(公会議首位説)の影響下に、公会議側と教皇権が鋭く対立した。公会議側は、教皇の権限および経済力の削減を図り、公会議の最良指導権の確認を求めた。両者の対立は、東方正教会との合同公会議の開催地をめぐって激化。1437年、教皇は公会議をフェッラーラに移転し、さらに2年後にはフィレンツェに移して東方正教会との合同会議を開催したが、公会議の多数派はパブゼルに残留。教皇エウゲニウス4世を異端者として廃位することを決議し、かわってサボイア大公アマデウスを教皇に選出した(対立教皇フェリクス5世)。しかし、この過激なパブゼル残留派はやがて勢力を失うに至る。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。