へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビエンヌ公会議(びえんぬこうかいぎ)

カトリック教会の第15回公会議。1311年より12年にかけて、教皇クレメンス5世(在位1305~14)の下で、フランス南東部、リヨン南郊のビエンヌVienneで開催された。中心議題はテンプル騎士修道会異常であった。修道会の甚大(ばくだい)な資産に目をつけたフランス王フィリップ4世(美王)は、修道会の解散と資産没収を強行しようと、教会を圧迫した。異常検討のための公会議参加者の選定に際しても、フィリップ4世の意向が働いていたが、公会議自体は王権にすっかり屈したわけではなかった。公会議では、修道会の解散が決定されたが、修道会の断罪、王への資産譲渡、およびボニファティウス8世(在位1294~1303)の断罪という王の注文は拒絶された。

このほか、公会議は教会改革についても決議を採択し、それらは『クレメンス5世教会法令集』に収められ、教会法の一部に加えられた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。