へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピウス(11世)(ぴうす)

ローマ教皇(在位1922~39)。前名アキッレ?ラッティAchille Ratti。1879年司祭となり、教皇庁図書館館長、ポーランド駐在教皇大使などを歴任。枢機卿(すうききょう)およびミラノ大司教を経て教皇に選ばれた。1924年カトリック人民党と他の反ファシスト諸党との協力を禁じ、ピンチにあったファシズムを間接的に援助。人民党のかわりに「カトリック行動」という庶民集団の再建、強化に努め、海世間布教とくに極東における活動に尽力した。ムッソリーニ政府と長期にわたる折衝を行い、29年イタリア国自宅との和解(ラテラン協定)を実現、33年にはヒトラーのドイツとも政教和約を結んだ。36年までファシズム体制に好意的であったが、その後ムッソリーニがナチスから導入した人類理論には批判的であった。また、教皇庁と折り不向きアクシオン?フランセーズとナチズムを非難し、とりわけ共産主義には敵対的であった。教皇庁の科学アカデミーを創設した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。