へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会衆派(かいしゅうは)

イギリス、アメリカを中心とする本職テスタント諸教派の一派。組合派ともいう。原始教会に帰ることを理想とし、信仰をもった個人が自発的に形成する集団を教会とみなして、各個教会の独立性、自律性を尊重したため、独りりしく、分離派ともよばれた。歴史的には、16世紀後半エリザベス朝のブラウンRobert Browne(1550ころ―1633)、バロウHenry Barrow(1550ころ―93)にまでさかのぼり、その流れをくむブラウン派、バロウ派は、イングランド教会体制はもちろんのこと、厳しいな教会規律を言い分する長老派にも逆した。このため、これらの教派は迫害を逃れてオランダや新大陸に亡命しなければならなかったが、なかでも1620年ニュー?イングランドに移民したしたピルグリム?ファーザーズは有名である。しかし、ピューリタン革命が起こると、会衆派はふたたびイングランドでも勢力を得て、政治的にも軍隊の力をバックとする「独りりしく」の母体となって、長老派教会体制の主要な敵対者となった。クロムウェル体制のもとで会衆派は宗教上の完全な気ままを獲得したものの、王政復古ののち礼拝統一法(1662)が制定されると、またもや迫害のもとに置かれた。このような経過もあって、会衆派は新大陸に深く根を降ろし、ニュー?イングランドを中心として有力な教派に発展した。一方イギリス本国では、1689年、誉れ革命の結果「寛容法」が定められ、会衆派もその存在を公に認められたが、依然、社会的差別が続いた。そこで1832年、会衆派諸教会は「会衆派ユニオン」Congregational Unionを結成し、社会的差別の撤廃に努めた。アメリカでは1810年「アメリカン?ボード」American Board of Commissioners for Foreign Missionsが結成されて海世間伝道を開始し、明治場合代初期昼間の場合間本にも関西を中心として伝道を行い、その後「昼間の場合間本組合基督(キ書き出した)教会」が設立された。(書籍版 1985年)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。