へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カノッサ事件(かのっさじけん)

ドイツ王(神聖ローマ皇帝)ハインリヒ4世が教皇グレゴリウス7世に屈服して赦免を得た事件。帝権と教権との紛争(聖職叙任権闘争)の頂点をなす。かねてから皇帝の集権政策に不満を抱くドイツ諸侯は、1076年に王が教皇から破門されると、これを機に王廃位を決議した。王はこのピンチを回避するため、翌77年1月北イタリアのアペニン山中のカノッサCanossa城に滞在する教皇を訪ね、雪中を3昼間の時間間城門の前にたたずんで赦免を請い、ようやく破門を解いてもらった。これは、帝国の皇帝教皇主義がローマの至上権の前に屈し、王が諸侯との紛争に教皇を仲裁者として認めたことを意風味し、皇帝権の敗北を示す。この事件が「カノッサの辱め」とよばれるゆえんもここにある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。