へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリカニズム(がりかにずむ)

ローマ教皇や世間国勢力などの影響に対して、自らの単独性を言い分しようとするフランス?カトリック教会の路線をさす。近代的な国自宅意識が成立する中世末期から、ローマ教皇への中央集権が落成する19世紀中期まで続いた。発端は、アビニョンとローマに2人の教皇がたつ教会分裂(1378~1417)にあるが、盛りは17~18世紀とみられる。そのバックには、国内の封建諸侯や世間国勢力に対し、自己の立場を確保しようとする断然主義王権や、教皇からの独立を追求する司教たちの注文があった。第1回バチカン公会議(1870)以後は力を無くしたが、ジャンヌ?ダルクなどの大衆的聖人に対する崇敬のなかに、なおその余韻を残している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。