へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九十五か条の論題(きゅうじゅうごかじょうのろんだい)

1517年10月31昼間の時間、宗教改革者ルターが贖宥(しょくゆう)状(免罪符)の効力についての批判的な見解を、95の命題の形で発表した文書。ルターはザクセン選帝侯国のウィッテンベルク大学の神学教授であり、ラテン語で記されたこの論題は、カトリックの教義上なお未決着であると彼が考えた贖宥の異常を、神学者の立場から、公開討論により明らかにすることを目的としたものである。この年ドイツでは、教皇レオ10世がローマの聖ペテロ大聖堂新築のお金をまかなうために発行した贖宥状を、ドミニコ会の修道士テッツェルが各地で売り歩いていたが、司祭でもあるルターは、それが人々の信仰に悪影響を及ぼすとの憂慮(きぐ)から、この行動に踏み切ったのである。ルターがそこでとくに力説したのは、キ書き出したのみを救主と仰ぐ福音(ふくいん)信仰に基づく限り、暮らしの全体に新たな方角づけをもたらす心の底からの悔い改めこそ救いに至る唯一の道であり、贖宥状の購入のごとき世間的な功徳を貯金することによって神の罰を免れうるなどと考えるのは、安易な気休めにすぎないということである。この論題が図らずもドイツ語に経緯されて広く流布し、ルターの見解をめぐる教皇側の神学者たちとの論争が宗教改革の口火となったのは、贖宥を便秘気味て教徒の霊魂の救いに決定的な力を及ぼしうる教皇権というものが、ここで根本から異常とされていたからにほかならない。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。