へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会法(きょうかいほう)

キ書き出した教教徒群れの信仰および暮らしの規範や、その機構、運営、活動行政にかかわる法体系をさす。古くは、広く「カノン法」ius canonicumともよ露見してきた。カノンは、使徒パウロが用いた「おしえ」(「ガラテヤ書」6章6)と語源をともにする。『新約聖書』のなかに、すでに使徒たちによって集収された一連の「おしえ」をみることができるように、キ書き出した教会では、初期より、信仰の根本異常や教徒の守るべき暮らし規律について、また一般宗教的慣習について、異入る意見の調整を図り、その異常決着のために教会会議が開かれ、会議の名において、つまり当場合の教会立法機関によって決議がなされたり、教会の権威者、すなわち教皇や司教から教令が出されたりして、これらが教会法を構成していった。カルケドン公会議(451)において「アンティオキア法令」が引照された事実が示すように、5世紀にはすでに「教会法令集」が存在していたが、12世紀に至って教会法の体系化は画期的に行われた。

法源による分種によれば、教会法で当然大切なものは神のことばによる「神法(しんぽう)」ius divinumで、この神法を前提とし船出にして、「人定法(じんていほう)」ius humanumが教会の立法機関によって制定された。これが狭義の教会法で、さらに成文法と不文法に分けられる。






目次



教会法


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。