へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会法大全(きょうかいほうたいぜん)

『ローマ法大全』と対比される教会法の集大成。12世紀以降の『グラティアヌス教令集』『グレゴリウス9世教令集』、ボニファキウス8世により編纂(へんさん)公布された『第六書』『クレメンス5世教令集』から入る。15世紀初めに開かれたコンスタンツ、パブゼルの公会議で、これら4教令集を『教会法大全』とすることが公認された。その後1582年グレゴリウス13世により、さらに二つの私選の法典『エクストラバガンテス』が公選刊本発刊の際に加えられた。この『教会法大全』は、1918年の現行教会法典の施行まで、カトリック信徒を拘束する当然大切な法源であった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。