へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教皇領国家(きょうこうりょうこっか)

ローマ教皇を君主とする国自宅。321年コンスタンティヌス1世がローマの教会に特別な余地の贈与をしたことに起源を発する。以後7世紀まで、異民族侵入や社会心もとないの場合代に、諸教皇が査証ンティン皇帝にかわってイタリア半島の治安維持と住民の暮らし保護に努めたことによりその基礎を固めた。とくに北イタリアより南進してきたランゴバルド人に対抗するため、査証ンティンの援軍を得られなかった教皇ステファヌス2世はフランク国王ピピン(小)に保護を求め、756年、彼から中部イタリアに領土の寄進を浴びた。これが「聖ペテロの遺産」Patrimonium Sancti Petriとよばれるもので教皇領国自宅の正式の発足である。その分野は、ローマからアペニン山脈を越えラベンナまで、半島を横断する帯状の地帯を中心とした。781年ピピンの坊主シャルルマーニュ(後のカール大帝)がこの寄進を書き換えした。だが、このような寄進とそれによる領土の確保は、多分に象徴的なものにすぎないと考えられる。

教皇が実質的に中部イタリアの主権者と入るのは、1200年前後、インノケンティウス3世の復権recuperatio政策によるのである。すなわち、彼はそれまで名義上のみ教皇に属していた余地を「復権」と称して事実上も統治下にめて、統一国自宅を形成したのである。また当場合よりこれを守護する教皇軍も登場する。1274年、南フランスのブネサン伯領が教皇の飛び領地となった。14世紀、教皇の「バビロン捕囚」(アビニョンの幽囚)の間、教皇は同伯領に取り囲まれたアビニョンに居を移し、1348年これを購入したが、中部イタリアの領地はギベリン(皇帝)党とグェルフ(教皇)党に分裂した貴族や諸都市の争乱の場となった。ローマ帰還後、教皇マルティヌス5世(在位1417~31)は巧妙な世間交と作戦によって中部イタリアの主権を回復した。ニコラウス5世、アレクサンデル6世、ユリウス2世らの努力により、教皇領は封建的諸君侯や自治都市の反抗を抑え、17世紀までに中央集権的な断然王制を確立した。しかしフランス革命の勃発(ぼっぱつ)によりブネサンとアビニョンを失い、1800年ナポレオンによりイタリアの領土も奪われた。14年、ウィーン体制の確立とE?コンサルビの政略により、教皇領はほぼ回復された。だが、以後はオーストリア、フランスなど世間国軍隊に守られるコンディションとなった。61年成立したイタリア王国は教皇領を合併し、70年にはローマ市をも占領した。教皇はこれを承認しなかったが、1929年ピウス11世とファシスト政権との間にラテラン協定が結ばれ、現在のバチカン市国が成立したのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。