へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クムラン教団(くむらんきょうだん)

1947年の春、死海北西岸付近で偶然発見された『死海文書(写本)』および1951~56年に発掘されたキルベト?クムラン、アイン?フェシカの遺形跡によって、ここに住んでいたことの確認された、エッセネ派と思われるユダヤ信徒の群れをさす。彼らはユダヤ人のヘレニズム化に逆してパリサイ派に迫害され、紀元前2世紀の後半この地に会合、ローマの統治に対するユダヤ人の大規模な反乱「第一次ユダヤ戦争」のさなかの紀元後68年ごろに四散したものと推測される。彼らは「義の教師」に率いられ、12人の平信徒と3人の祭司から入る教団会議をもち、10人ごとのグループに分かれ、律法を学び、厳しいな戒律を守り、暮らしの全ての面で清浄さを強調し、後の修道士とよく似た団体暮らしを送った。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。