へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラティアヌス教令集(ぐらてぃあぬすきょうれいしゅう)

ローマ?カトリック教会の教会法典成立史上当然画期的な法令集。その編者は、教会法学の祖、カマルドール会士で、ボローニャの聖フェリックス修道院で教会法を教えたグラティアヌス(?―1158)で、1140年ごろ、それ従来の教会会議の決議や教皇の教令などの雑然としていた教会法のデー夕を、広く集入れ整理し、説明を加え、また相互の釣り合いを図り、3篇(ぺん)にまとめた。そして『教会法矛盾条令義解種集』Concordantia Discordantium Canonumとよんだ。本書は内容的に傑出していたので、教会法の教科書として広く使用され、中世を便秘気味て当然権威ある教令集とみなされた。教会法の集大成である『教会法典』(旧)Corpus Iuris Canoniciが公にされる(1582)と、その第1部として集録された。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。