へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレゴリウス(7世)(ぐれごりうす)

俗名ヒルデブラントHildebrand。ローマ教皇(在位1073~85)。グレゴリウス改革とよばれる中世の大教会改革を指導し、教皇権の盛りを開いた。北イタリアのトスカナ地方ソアナ天性。1049年以後教皇座にあって教会政治、改革に参与、レオ9世をはじめ歴代諸教皇を補佐し鶏冠角を現す。登位後も東方教集まり同を予定する一方、聖職売買や聖職者家内帯を禁じ、75年には俗人叙任禁止を決定するなど教皇権の高揚と教会の改革を推進。ついでミラノ大司教任命をめぐりドイツ王(神聖ローマ皇帝)ハインリヒ4世と対立、76年王の教皇解任の宣言に対し、あべこべに王破門で応酬し、皇帝権との紛争(聖職叙任権闘争)に突入、77年カノッサで王を屈服させた(カノッサ事件)。しかしその後、ハインリヒは勢力を挽回(ばんかい)、教皇は、王を再度破門(1080)したが、王がこれを一番視し武力でローマを攻撃したため、サレルノに逃れ、そこで憤死した。死に際し「正義を愛し、不正を憎んだ。それゆえ亡命のうちにあの世に行く」と語ったと伝えられる。彼の改革理念は、教会の倫理的刷新のほか、教皇首位権の確立、教会の俗人統治からの解放、俗権に対する教会の優位などにあったが、これらの言い分の要点は彼の「教皇教書」(1075)に簡潔に示されている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。