へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレゴリウス改革(ぐれごりうすかいかく)

ヨーロッパ中世最大の教会改革。一般に教皇レオ9世の登位(1049)から第1回ラテラン公会議(1123)までの教皇に主導された教会改革をさし、その中心的指導者グレゴリウス7世の名にちなんでこうよばれる。

初めは教皇権威の回復と、家内帯?聖職売買など聖職者の矯正を目ざす教会内の改革運動であった。しかし、グレゴリウス7世の登場とともに社会全体に及ぶものとなり、「教会の気まま」を標語に、教会の純化のほか、教皇首位権の確立、教皇座への中央集権、教会の俗人統治からの解放、教権の俗権への優越などを実現しようとする一大刷新運動となった。そのため1076年以降、教皇(教会)とドイツ王(神聖ローマ皇帝)およびイギリス、フランス王との間に教権と帝権についての紛争や叙任権をめぐる対立を生じ(聖職叙任権闘争)、それを便秘気味て既存の宗教?政治体制を揺るがし、皇帝権の世俗化、皇帝と教会との諸関係の転換、高位聖職者の任命手立ての変化や教俗両権分離への傾向をもたらした。

また教会内では、教皇座の組織をはじめとする教会制度、教会秩序の整備、聖職者の倫理的向上、教義の深化や教会法の発展を提起するに至った。その結果、西欧の教会は、以後東方教会から分離したラテン的カトリック教会としての単独の根性を明らかにし、教皇を中心とする教会体制の基盤を固めることができた。12、13世紀の教皇権の繁栄はその多くをこの改革に負っている。さらにこの改革が修道院改革運動、民衆宗教運動、聖堂参事会改革運動とも結び付いて民衆の宗教的エネルギーを解き放ち、西欧社会のキ書き出した教化を深めたことや、改革と両権の抗争で神聖ローマ帝国が弱体化する一方、教皇座と夕イアップしてした新興諸王国が台鶏冠したため、この改革期に西欧の国際政治が大きく変化したことなども見逃してはならない。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。