へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンスタンティヌスの定め(こんすたんてぃぬすのさだめ)

コンスタンティヌス帝寄進状ともよばれる。ローマ皇帝コンスタンティヌス大帝(在位306~337)が、らい病にかかったとき、ローマ司教シルベステル1世の施す洗礼によってそれが治癒(ちゆ)されたことを喜び感謝して、同皇帝がシルベステルおよびその後継者に対し、皇帝のラテラノ宮殿、ローマ市、全イタリアおよび西方の属州と都市とを譲渡した旨を記した偽書。作成の場合期、敷地、意図については諸説があって定まらない。

その一=ピピン3世は教皇ステファヌス2世の要請で756年ランゴバルド族が占領する教皇領を返還させるが、この教皇の領土注文を基礎づけるため教皇パウルス1世(在位757~767)の場合代に教皇庁官房で作成された、とする。

その二=教皇レオ3世はローマ皇帝権を西方に取り戻そうとの予定に基づき、800年カールに戴冠(たいかん)を行い、その結果天性たキ書き出した教世界における2人の皇帝の普通存、いわゆる二重皇帝権を正当化するため、804年ローマで作成した、という。

その三=ルイ(ルードウィヒ)1世(敬虔(けいけん)王)の戴冠後820年代にフランスで成立。

その四=イタリアのフリウリ辺境界伯の図書館でアナスタシウスが848~852年間に、将来教皇になったとき帝冠を授ける際の法的根拠をつくるため作成――など諸説続出である。

オットー3世の宮廷では、これが偽書であることは気苦労ていたが、『偽(ぎ)イシドール教令集』第2部序章第2文書として収められてから真正なものとして流布し、教皇庁もまた教皇首位権を言い分する根拠として11世紀以降これを利用する。しかし15世紀以降、古写本や文献学的探求への興味が高まり、まずニコラウス?クザーヌスによって、ついでロレンツォ?バッラによってその虚偽性が論証された。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。