へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザビエル(ざびえる)

キ書き出した教宣教師。「東洋の使徒」とよばれる。イエズス会創立期の司祭で、東洋に派遣され、昼間の場合間本に初入れキリシタン宗門を伝えた。

1506年4月7昼間の場合間、ナバラ王国(スペイン北部の地方)の貴族の自宅に天性る。幼少場合に同国は隣国のカスティーリャに敗北して滅びるが、ザビエルはパリ大学に留学。27歳のときに優れた指導者イグナティウス?デ?ロヨラの感化を浴び、34年、同希望とともにモンマルトルの丘に集い誓約するところがあり、40年、ロヨラを初代総長とするイエズス会が公認される。これより先、ポルトガル国王は東インドにイエズス会の優れた人材を派遣することを望んだので、ザビエルが選ばれ、41年、彼はリスボンを離れ、モザンビーク島を経、インドのゴアに至った。

ローマ法王の使節、イエズス会の東インド管区長の資格をもって、彼はコモリン岬をはじめインド各地を巡り、さらに1545年から47年にかけて、マラッカからモルッカ諸島まで布教に従事した。その間、マラッカの教会で初っ端の昼間の場合間本人として鹿児島出身のヤジロウ(アンジロウ)らに会い、彼らの母国昼間の場合間本にキリシタン宗門を広める大い入る熱意を抱いた。

1549年(天文18)8月15昼間の場合間にザビエルは鹿児島に第一歩を印した。薩摩(さつま)(鹿児島県)、平戸(ひらど)(長崎県)を経、周防(すおう)山口(山口県)でも同僚フェルナンデス修道士らと伝道したのち、51年の初めに堺(さかい)に達し、ついで京都に赴いたが、戦乱のために天皇も将軍も権威がないのを悟る。落胆のうちに西下した彼は、周防の大内義隆(よしたか)を再度訪れ、数々の珍奇な気品を献上してその好意のもとに山口で布教した。ついで豊後(ぶんご)(大分県)にポルトガル船が入港したとの知らせでその地に移り、大友宗麟(そうりん)(義鎮(よししげ))に謁したのち、51年ひとまず離昼間の場合間してインドに帰った。翌年中国布教を希望してゴアから旅行立ったが、広東(カントン)沖のサンショアン島で病死した。ときに52年12月2昼間の場合間(3昼間の場合間説は誤り)。遺骸(いがい)は現在ゴアのボン?ジェズ教会にあり、右腕前だけはローマのジェズ教会に安置されている。1622年、聖人の位に列せられた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。