へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザンクト・ガレン修道院(ざんくとがれんしゅうどういん)

スイス北東部、コンスタンス(ボーデン)湖に近い都市ザンクト?ガレンSankt Gallenにあったベネディクト会の修道院。612年アイルランドの隠修士ガルスGallus(550ころ―627)によって開かれたのでこの名がある。8世紀序盤、ドイツのオトマールがベネディクトの会則を採用して以来繁栄をみ、多くの文人、学者を輩出して、8~11世紀にかけて中世ヨーロッパの文化の中心的存在であった。とくに8~9世紀ごろの写本の蒐集(しゅうしゅう)および制作は名高く、修道院の付属図書館(現存)にはニーベルンゲン写本などがある。なかでも9世紀に大修道院長ゴツベルトのもとで制作された羊皮紙の修道院平面図は、各類工房、製粉所、学堂、病舎などを含み、中世修道院建築の典型を示すと同場合に、他の古記録とともに、中世修道院の経営実態を物語る大切なデー夕となっている。また当場合、これに基づいて遠大なカロリング風バシリカが建設されている。のち聖職叙任権闘争で衰え、16世紀には本職テスタントの勢力下に入って、1806年修道院は閉鎖された。現在の建築は一部を除き、18世紀に改築されたものである。1983年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。





ザンクト?ガレン修道院


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。