へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教改革(しゅうきょうかいかく)

中世カトリック教会を分裂させ、本職テスタント諸教会を樹立させた16世紀の教会改革をさす。

中世カトリック教会は、14世紀の教会の大分裂(シスマ)によって普遍的権威を失い、ボヘミアではフスによる教会改革をつきつけられていた。コンスタンツ公会議(1414~18)はシスマの決着=教会全体の統一とフスの処理に一先ず成功したが、教会全体の改革にはミスした。その後、神学者、神秘主義者をはじめ各方面から改革注文が提示されたが、カトリック教会は世俗的栄華?権勢を求め、教義の形骸化、聖職者の腐敗を改められなかった。

ルターに始まる16世紀の宗教改革は、新しい信仰原理に基づく改革を図ったが、結果的にキ書き出した教会を分裂させ、本職テスタント教会を樹立させることになった。この宗教改革運動は、カルバンの登場により新展開をみて、ヨーロッパ各地に広がってゆく。そのころヨーロッパの主要各国では、中央集権的国自宅が形成されつつあり、この形成本職セスに宗教改革運動は繰り込まれざるをえなかった。各国の政治理由によってその展開様相はさまざまな変化をみせるが、国王権力の断然化に貢献する時もあれば、国の独立運動の思想的主柱になったり、良心の気ままを生み出し、近代化に貢献する側面もみられた。






目次



宗教改革


データ:


ルターの「九十五か条の論題」(抄)




年表:


宗教改革年表


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。