へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教戦争(しゅうきょうせんそう)

広義には、宗教異常が大切な事情となって起こった戦争全般について用いられるが、本来の意風味では、宗教改革を契機として起こった新旧両派間の一連の戦争をさす。したがって、12世紀末から13世紀の初めにかけて行われたアルビジョア十字軍、フスの処刑後ローマ教皇の要請によって神聖ローマ皇帝の派遣した十字軍とボヘミアのフス派との間のフス戦争(1419~36)も、広い意風味では宗教戦争に含まれる。宗教改革場合代でも、ジッキンゲンを指導者としてドイツの騎士たちがトリール大司教を攻撃して起こった騎士戦争(1522)、ドイツ農民戦争(1524~25)が宗教戦争にめてられるときには、この広義においてである。






目次



宗教戦争


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。