へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルベステル(2世)(しるべすてる)

ローマ教皇(在位999~1003)。実名ジェルベール?ドーリアック。初入れのフランス人教皇。貧自宅の出であったが、フランス、スペイン、イタリアで学問を修めたのち、ランス司教座聖堂付属学校校長と入る。ドイツではオットー3世の皇帝即位を助け、フランスではユーグ?カペーの選出を支持、後者によりランス司教に選ばれ、さらにオットーにより教皇に指名された。ポーランドおよびハンガリーに大司教座を置き、初代ハンガリー王としてイシュトパブン1世に加冠した。教会改革を推進し、シモニー(聖職売買)、ネポティズム(親族登用主義)の克服と司祭一人身制の遵守に努め、学問のうえではとくに数学、論理学、幾何学などの発展に寄与した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。