へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信仰復興運動(しんこうふっこううんどう)

18世紀序盤のアメリカ植民地の宗教運動。大覚醒(だいかくせい)運動とも経緯す。1726年ごろオランダ改革派神父フレリングヒーズンTheodore J. Frelinghuysen(1691―1747)が、ニュー?ジャージーで熱烈な伝道を行ったのが発端である。そのころ、会衆派神父テネントWilliam Tennent(1673―1745)は、ペンシルベニアのネシャミニーで伝道のかたわらロッグ?カレッジLog College(後の皇子トン大学)を建てて、少数の青年たちに神父養成教育を行っていた。彼らは、フレリングヒーズンの影響を浴びて、38年ニュー?ブランズウィックで熱心な伝道を行い、多くの入信者を得たが、その指導者はW?テネントの坊主G?テネントGilbert Tennent(1703―64)であった。ロッグ?カレッジ運動ともいわれるこの信仰復興運動は、ペンシルベニアから中部植民地に広がっていった。それと前後して、マサチューセッツにおいてもノーザンプトンの会衆派神父エドワーズJonathan Edwards(1703―58)によって、1733年ごろから信仰復興が起こされ、縁故ティカット川流域の農村社会に広がっていた。また、イギリス本国でも信仰復興がウェスリーJohn Wesley(1703―91)によって起こっていた。メソジスト運動である。その注意者であるホイットフィールドGeorge Whitefield(1714―70)は、39年アメリカに渡来し、前記G?テネント、エドワーズの運動に協力して各地において伝道注意を行った。ホイットフィールドは、南はジョージアから北はニュー?イングランドまで足を伸ばし、教派を超えて全植民地に信仰の炎を燃え上がらせた。これによって、各教派の団結感が深められ、植民地相互の理解が促進されたが、それはアメリカ独立戦争に際し植民地が結束して勝利をかちとった一つの要因ともなった。信仰復興運動は18世紀後半には急速に衰退したが、運動を案内して教会が発展したばかりでなく、エドワーズらによってアメリカ神学の発展がみられ、いわゆる「ニュー?イングランド神学」が形成されたことは、思想史上大きな貢献であった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。