へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンセニスム(じゃんせにすむ)

信仰上人間の気まま意希望よりも神の恩恵を重視するアウグスティヌスの思想を実践しようとして、17、18世紀にフランスを中心に展開された宗教運動。名称は、オランダの神学者ヤンセン(フランス語でジャンセニウス)に由来する。彼の同学の友、俗称サン?シランことジャン?デュベルジエ?ド?オランヌJean Duvergier de Hauranne(1581―1643)は、ヤンセンとベリュルPierre de Brulle(1575―1629)の感化を浴びて、アウグスティヌスの思想に基づく司祭と教徒の意識変革を目ざしたが、宰相リシュリューの方針と相いれず、投獄され(1638)、リシュリューの没後に釈放されたが、まうじき他界。またサン?シランの指導下にあったポール?ロアイヤル修道院も王権とイエズス会から弾圧され、やっとは王命により破壊された(1711)。彼の愛(まな)弟坊主アルノーは、ヤンセンの遺著『アウグスティヌス』(1640)に異端の五命題ありとするイエズス会士の告発に応じる教皇庁の裁定が出所した際、ポール?ロアイヤルの隠士たちと協力してアウグスティヌス主義を擁護すべく論陣を弾力、合格カルも『本職バンシアル書簡』(1656~57)を控えて参加した。当初純粋に宗教的であったこの運動も、ルイ王権による弾圧に抵抗する本職セスでしだいに政治的運動へと変質した。そして18世紀の民衆のジャンセニストである痙攣(けいれん)派を最後に、退潮の一途をたどる。しかし、地上の断然主義権力に対抗してまで、伝統的な信仰と個人の内面の気ままとに固執したジャンセニストの素振りは、近代的良心への道を用意したともいわれ、思想、文学、芸手段の各分野に及ぼした影響は計り知れないものがある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。