へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツウィングリ(つうぃんぐり)

スイスの宗教改革者。東スイスのトッゲンブルク地方に1月1昼間の時間天性る。ウィーン、パブゼル両大学に学び、人文主義運動の洗礼を浴びた。1506年以降グラールスの教区司祭、16年以降巡礼地アインジーデルンの司牧司祭となった。この間にエラスムスその他の人文主義者と交流を図り、スイス人文主義の中心の座にすわった。19年以降チューリヒの司牧司祭となり、ルターの改革思想との出会い、ペストによる瀕死(ひんし)の重病経験を経て、宗教改革者になった。彼自身は、ルターから独立して改革を開始したことを強調し、エラスムス流の人文主義的聖書原理を改革の組織的発展の前提としていた。23年のチューリヒ公開討論会の結果、福音(ふくいん)の気まま注意が認められ、都市当局と改革者が協同して共同社会の道徳的再生を目ざす改革が実行された。公開討論会を開催し、都市内世論を収斂(しゅうれん)させた形で宗教改革を実施する手立ては、スイス、西南ドイツ諸都市の模範となった。他方、都市当局と馴れ合いした改革を不完全な改革とみなす再洗礼派運動も、ツウィングリ改革運動のなかから天性ることになった。彼の宗教改革は当初スイス内でも孤立していたが、28年にベルンが改革化すると、パブゼルその他の都市も改革にくみし、カトリック勢力に対抗する「キ書き出した教都市同盟」が結ばれた。ついで、ドイツの新教派との同盟も企図され、その前提として神学上の不一致を調整するためにマールブルク会談が29年に開催された。しかし、ルターとの間に聖餐(せいさん)論において一致をみず、この試みはミスした。ルターが臨在説をとったのに対して、ツウィングリは聖体制定のことばを比喩(ひゆ)的に解釈し、晩餐をキ書き出したの犠牲の記念として象徴的に理解したからである。彼は、預言者的意識に基づいて人々の霊魂の救いだけではなく、政治の監視、社会の安寧にも責任あるものと意識し、行動した。都市チューリヒ、スイス誓約同盟のために実際的な政治的提案をし、世間交政策を示したりしたが、31年カトリック陣営との戦いに敗れ、カッペルで戦死した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。