へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンプル騎士修道会事件(てんぷるきししゅうどうかいじけん)

フランス王フィリップ4世が王権伸張の一策として強大な騎士修道会のとりつぶしと資産没収を企て、1307年から6年がかりで異端審問の形式による訴訟を継続した事件。国王の顧問官ローマ法学者ギヨーム?ド?ノガレGuillaume de Nogaret(1260/70ころ―1313)は、反教皇主義の立場で事件の主導権を取っ手、テンプル騎士に背教?偶像崇拝の嫌疑をかけ、07年10月13昼間の時間フランス全土の3000余か所で会員の一斉逮捕に成功し、厳格拷問による無理強い的自白を引き出した。教皇クレメンス5世は、この越権行とばっちりで抗議し、別途に事件を調査して12年ビエンヌVienne公会議に諮り、会員の一番罪を認めたうえ、行政処分による同修道会廃絶と聖ヨハネ騎士修道会への資産移管を決議した。国王側はこれに不満を唱え、14年修道会総長ジャック?ド?モレーJacques de Molay(1243ころ―1314)以下4名の幹部を火刑に処した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。