へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オックスフォード運動(おっくすふぉーどうんどう)

イギリス国教会における信仰復興運動。19世紀初鶏冠、一番能な国教会首脳部にかわって、一連の改革を押し付けようとした政府に反発したオックスフォード大学教授キーブルによる「国自宅的背教」と題する注意(1833)によって始められた。キーブルとその同調者らが『場合局小冊坊主(トラクト)』Tracts for the Timesを刊行し、教会理解の深化による体質良くを訴えたため、「トラクト」運動ともよばれた。イギリス国教会が使徒継承による真のカトリック教会の枝であり、俗権の干渉を浴びない霊的存在であるとするその言い分は、政府、新聞だけでなく、教会の権威や聖奠(せいてん)を軽視しがちな国教会内の低教会派や、キングズリーのような気まま主義的傾向をもつ広(こう)教会派の人々から厳しく批判された。しかし、一番余力な当場合の国教会に活気を与え、礼拝に荘厳さを取り戻し、聖職者の教育および道徳のレべルを高め、労働者や貧民に慰めの手を伸べ、海世間伝道をまめに推進するなど、この運動が国教会の自己革新と信仰復興のために果たした役割は大きい。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。