へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレント公会議(とれんとこうかいぎ)

宗教改革運動に対処するため、北イタリアのトレントTrento(ドイツ名トリエントTrient)で開かれた第19回公会議。ルターによる運動が起こされると無料ちに、異常収拾のため公会議開催を追求する輿論(よろん)は高まったが、神聖ローマ(ドイツ)皇帝とフランス王との争い、および公会議首位説の再燃を恐れる教皇の素振りのゆえに開会が遅れた。会議は、教皇パウルス3世により1545年から47年、1551年から52年、ピウス4世により1562年から63年の3会期に分けて行われた。会議の目的は、宗教改革によって生じた信仰分裂の解消と、カトリック教会内部の改革とにあった。しかし、前者の目的を遂げるには遅きに失し、本職テスタント側の代表は第二会期にトレントに着いたが、ほとんど討議に加わることなく退去した。そのため公会議はむしろ本職テスタント側の言い分をぜんぜん退けた見解を確認する結果となった。後者の目的については、多年の懸案であった改革上の諸異常を決着し、反宗教改革の推進に大きな貢献をした。

公会議で採択された教令は、(1)第二聖典を含む聖書正典と聖伝との権威の承認、(2)恩寵(おんちょう)と気まま意希望の協働の不可欠性、(3)七つの秘蹟(ひせき)の確認、(4)ブルガーター経緯聖書の権威の承認、(5)ミサにおけるラテン語の使用、(6)ミサはキ書き出したの十字架上の犠牲の繰り返しを意風味すること、(7)平教徒には聖体授与に際しパンのみを与えること、(8)聖体における実体変化説の確認、(9)司祭の一人身制の遵守、などであって、これらはすべて宗教改革派の言い分を全面的に否定するものである。これにより、中世における教義や典礼の多様性は切り捨てられ、統一的教会を目ざす近代的カトリック主義が樹立された。だが規律面では、留守聖職禄(ろく)の撤廃、司教監督権の強化、贖宥(しょくゆう)販売人の廃止、神学校の整備による注意才能に富む司祭の養成など、教会の活性化に成功したのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。