へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドナティズム運動(どなてぃずむうんどう)

ローマ帝国がキ書き出した教への迫害政策を撤回した直後の311年、属州北アフリカで生じ、7世紀まで続いたキ書き出した教内の分離派の運動。大迫害期の背教者の教会復帰をぜんぜん否定し、背教者の司教によって施されたサクラメント(秘蹟(ひせき))は一番効であると言い分するなど厳しい主義の立場を保持した。カルタゴの司教ドナトゥスDonatus(?―355)が運動の創始者であったのでこの名がある。運動は、カルタゴ司教の選出を契機として表面化したが、支持層は主としてローマ化の不十分なヌミディア州の農民層であった。これに対しハト派カトリックはおもにローマ化地域としてのアフリカ?本職コンスラリス州の都市市民層で、このことは運動が宗教的運動にとどまらず、社会的、安上がり、さらに民族的色彩を帯びていたことを示す。運動の中心的担い手となったキルクムケリオーネスとよばれる群れが、すべてヌミディア州の土着農民にして巡礼者であったことに注目すべきである。

ドナティズム運動は、コンスタンティヌス大帝以降のキ書き出した信徒皇帝による宥和(ゆうわ)あるいは弾圧政策、またオプタートゥス、アウグスティヌスらアフリカの教父による努力にもかかわらず、すこしも衰えをみせず、そのうえ属州北アフリカに関する限り、カトリックを圧倒して多数派を占めるまでになった点で、セクト運動としてユニークな根性をもつものであった。このドナトゥス派にみられる厳しい主義、清教主義は、テルトゥリアヌス、キプリアヌス以来の伝統もさることながら、運動の担い手がかつての大迫害期を生き抜き、迫害政策を撤回せしめるうえで大切な役割を演じた素朴な農民層であったことと関係する。運動は7世紀のイスラム信徒の北アフリカ侵入場合まで続いた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。