へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコラウス(1世)(にこらうす)

断然的な教皇権を確立した中世初期の当然超越した教皇の1人(在位858~867)。聖人。ローマ生まれ。キ書き出したが教皇職を定め、最良の権能を与えたことを強調し、地上における神の代理者として聖俗両分野の諸異常についての統治権を注文した。863年コンスタンティノープルの総主教就任に干渉し、これを破門、東ローマの教会にも教皇権の優位を示した。フランク王ロタール2世(在位858~865)の王妃離婚および愛人との再婚を認めず、教会の婚姻権を言い分して、いか入る権力者にもキ書き出した信徒が従うべき神法への断然的な従順を求め、王を服従させた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争

Author:ヨーロッパ史,中世ヨーロッパ史,ヨーロッパ史 年表,ヨーロッパ史における戦争
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。